CAFE エシカルな暮らし方 千葉 日本

発酵といえば寺田本家。発酵暮らし研究所&カフェうふふ

ALOHA ☽☽☽
にんげんいちねんめ、クオコアライフ@KuokoaLifeのSUNです✬


今日は起きてからせっせと米粉バナナブレッドを焼きました。
朝のコーヒータイムに間に合うように。

朝のおうちカフェから1日がはじまるのは平和であるね。
にんげんもなかなかよき。


今日の記事は、発酵、自然酒、麹で有名な江戸時代から続く造り酒屋「寺田本家」と寺田本家が営む「発酵カフェうふふ」の紹介です♡


いつの間にか、わたしの暮らしを美味しくしてくれている、寺田本家の菌たち。
手前味噌も、塩こうじも、しょうゆ麹も手作りするきっかけをくれました。


寺田本家の持つ静かでどっしりしたようなオーラ?みたいなモノに自然と惹かれていた♡


寺田本家とは?


千葉県の神崎で江戸時代から340年以上も前からお酒を作り続けている寺田本家。

無農薬のお米で作った貴重な自然酒、発酵がもっと暮らしに近くなるおいしーい調味料を造られています。


寺田本家はおかげさまで創業340年以上になります。先代の頃から自然酒造りに取り組み始め、今では原料は全量無農薬米を使用し、一切添加物は使わず、微生物も純粋培養ではなく全て蔵付きの菌で発酵し、唄を唄いながら出来るだけ機械は使わずに、手造りで微生物と響き合いながらお酒を造らせていただいております

寺田本家


全量無農薬で添加物を使わないで丁寧に造られているのが伝わります。
それだけで安心しちゃいますね。


はじめて、寺田本家に行った時に建物の中から唄声が聞こえてきた。

何故かはわからないけど、アドレナリンがめっちゃ出たのを覚えています。
開いていた窓からこっそり覗いたら、想像の中の世界にあったものが、目の前で見れちゃった。

一緒にいた友達は、何そんなに興奮してんの?って感じだったけど笑

お酒を作っている冬の時期に行ったら、聞こえてくるかも、お酒の唄。


寺田本家の田んぼでは在来品種の米の復活にも挑戦しているそうです。
ワクワク。

方向性とか考えとか、共感です。


寺田本家のウェブページにこんな言葉がありました。


最近の研究で微生物のネットワークは森林の土中でも行われていることがわかったそうです。
カナダでの研究によると森全体を健全に保つために、土中の菌根菌が情報交換をしながら、弱っている木に多くの栄養を送り込む様子が報告されました。私たちが想像もしないコミュニケーション能力を微生物はもっているのでしょうか。

寺田本家


この文を読んで、まさに”自然栽培”がこれだ!と思いました。
微生物や植物の方が自然をよく知っていて当たり前。


アナスタシアの世界。
わたしの好きな本のひとつ。


記事を書いてて思ったけど、わたしはきっと、寺田本家の大ファンなんだと思う。
微生物と共生”していきたいです♡


わたしと寺田本家との出会い

一方的なので、出会いとは言わない?笑

寺田本家を知ったきっかけは、ブラウンズフィールドの丸いテーブルの本



ブラウンズフィールドとはマクロビ料理の先生、中島デコさんとファミリーが住んでいるコミュニティの名前。



何年もかけてデコさんファミリーとスタッフが育ててきたブラウンズフィールドの暮らしのことが書いてあって面白い。
畑のこととか、カフェとか、レシピとか。

こちらもお気に入りの本。



この本に登場する、ブラウンズフィールドの元スタッフのなかじさんが寺田本家で働いていたって書いてあって、お酒を作りながら唄うってどういうことなんだろ〜

どんなところだろう〜
寺田本家の発酵とはなんぞや〜
ってぼんやり思っていた。


そしたら、何年か後に本屋さんでお料理本をなんとなく探してた時に、なかじさんの本がでてきた。
「あのブラウンズフィールドの発酵の人だ!」

と思ってその本を家に連れて帰った。


読んでいたら、寺田本家にとても興味がわいてきて、どうせ遠いだろうと思いながらマップを開いてみたら。


あら結構、近い。
関東だったー!

九州の方だと勝手に思い込んでいたら、まさかの関東の千葉でした。


ヒャッホーーーーーーーーーーい!

車で行けるぜい!!!!
とテンション上がって、マミーと地元の親友にこの嬉しさを全力で伝えた。


ちょうどこの頃、手前味噌を作りたくてうずうずしてたのが、発酵の波動みたいなのをキャッチしたのかも。


発酵暮らし研究 and Cafeうふふ

寺田本家のウェブページを見ていたら、なんとー!カフェがある。

24代目の奥様がメインでやっている?
発酵の研究所とカフェうふふが寺田本家のお隣にあります。


カフェのお料理は、プラントベースで無農薬と自然栽培と寺田本家のいろんな発酵調味料を味わえるごはん。

地元で丹精込めて作られた無農薬・自然栽培のお野菜、生き物がいっぱい住んでいる不耕起栽培のお米などを原料に、寺田本家の酒粕や麹で作られた自家製の発酵調味料や、その他天然醸造の調味料などをふんだんに使用した、季節のランチプレートをご用意しています。

寺田本家


これはさらに、行きたい!が大きくなってついに親友を誘っておじゃましました。
カフェうふふ、かわいくて、美味しくて最高。


関東に帰った時に行きたいカフェ。
たまにしか行けないけど。


道路から入る道には手作りのカレンダーがかわいー。

うれしき
たのしき
ありがたき〜

いえーい


ちょうどお客さんの入れ替わりのタイミングだったので、写真たくさん撮らせてもらった。


アパートをリノベーションして造られた店内は、広いです。
席数は12テーブルぐらいありました。


天井が高いのも広々してる理由。


奥には座敷があって、のんびり座れます。


子供たちのテーブル。


キッチンに近い方の席は、酒造チームがごはんを食べていました。
毎日ここのごはんが食べれたら最高だなあ。


この壁の半月はお酒の樽のふたかな?
リノベーションの材料には酒蔵で使われてきた木の蓋や道具も使われているそうです。


きっと大切な日のふた。


手洗い場には、寺田本家の酒粕でつくられた酒粕石けんがお試しできます。


ちゃっかり使っています。

だって、カフェスタッフの女子たちみんなお肌ピカピカで美しいんだもん。
この石鹸もエシカル。

入れ物は木でできていて、中の包装も紙。


ごはんも美味しいけど、スイーツも美味しい。
ごはんでお腹いっぱいになっちゃう時は、テイクアウトしてます。

おまんじゅうとか、スコーンとか。


あの日のおかし。

たかきび甘酒チョコフォンデュと酒まんじゅう。


寺田本家の仕込み水が美味しい。


今日のうふふごはん

カフェうふふは毎回、当日のこんだてを出してくれます。

この日のごはんは、

今日のうふふごはん

  • 雑穀ごはんと米ぬかふりかけ
  • 酒粕とほうれん草のポタージュ
  • 旬菜のぬか漬けとたくあん
  • 車麩の甘酒バーベキューソース
  • 大根のしょうゆ麹からあげ
  • 月のとうふ
  • かぶとクスクスの塩こうじタブレ
  • 根菜とおからの甘辛煮
  • 甘酒甜麺醤のホイコーロー
  • うふふのモトマヨネーズのポテトサラダ


こんなに発酵づくしで、おかずたっぷりでめっちゃ豪華♡

よく食べるわたしにはボリュームたっぷりで嬉しい。
美味しすぎてぺろっと食べます。


3サイズのプレートが選べました。
写真は腹八分目セットかな。

腹六分目セット ¥1,050
腹八分目セット ¥1,250 
まんぷくセット ¥1,450


別の日のうふふごはん。


食後にコーヒー。


カフェうふふは、帰りのお買い物もたのしい〜


レシピ本や、酒粕、麹などが売っています。
塩こうじ、酒粕チーズ、バーベキューソースなどの発酵調味料も。


お酒は、お隣の寺田本家のショップで買えますよ〜。


周辺のおすすめのお店ががブラックボードのマップに書いてあります。
神崎探索にはありがたい。

マーケットの情報や美味しいパン屋さんのことなど、スタッフさんが教えてくれますよ〜。


行ったら買うもの

発芽玄米の甘酒うふふのモト

発芽玄米で作られている甘酒。
材料だけでも身体が喜ぶけど、飲むとエネルギーがみなぎってきます。

調味料としても使えちゃう。



発芽玄米麹かむたち

お味噌作りと、塩麹、しょうゆ麹作りに使わせてもらってます。

正直、わたしには麹の違いはまだよくわらかないけれど。
寺田本家が作っているという安心感とカフェうふふのごはんの美味しさから、「これで作りたい!」と思ってしまうのです。


かむたちと自然栽培大豆で味噌作り。

自然酒酒粕

酒粕クリームや甘酒作りに〜♡


げんまい塩こうじ


自分で作ってはみるけど、うまく発酵できていないのか粒々が残っちゃう。
たまに本家のものを買って研究してみる笑


自然酒をふだんドブロクを手作りして飲んでいるお友達にプレゼントしたらすごく喜んでた♡
プレゼントにもぴったりです。


寺田本家の発酵レシピ本

カフェでも買えまーす

お料理は好きでも、ずっと同じ材料や調味料だと正直マンネリしちゃう。

そんな時に、昔からあるけど調味料として考えたことがなかった、甘酒や酒粕はわたしにとってニューウェーブだった!!!


甘酒を甘み調味料として使ったり、酒粕をチーズのように使ったりと新しいアイディア満載の寺田本家のレシピは新しい発見ばかり。

わたしも何品か作ってみたことがあります♡
本当に酒粕がチーズみたいになる、酒粕チーズドリアや、甘酒のBBQソースなどなど。


日本人のDNAにはぴったりだな〜と思うし、身体も素直に喜ぶ。
とにかく、発酵レシピたのしい。


寺田本家 発酵カフェの甘酒・塩麹・酒粕ベストレシピ

寺田本家の発酵食レシピ第一弾。
発酵調味料で洋食やエスニック、など発酵の力でおいしく作るアイデアレシピ65品。
砂糖、乳製品、卵不使用で、体にやさしいのが嬉しい。



寺田本家 発酵カフェの甘酒・酒粕・麹のやさしいおやつ 

第二弾のレシピ本。新しく、お菓子の本が出ていた!
砂糖・小麦粉・卵・乳製品を使わないやさしいおやつ。



酒粕のおいしいレシピ 寺田本家【蔵人直伝の酒粕料理帖】

発酵料理研究家なかじさんのレシピ本。
思いつかないような酒粕の新しい使い方でお料理を作るが楽しくなります♡



寺田本家の酒粕レシピ

なかじさんの第二弾??
お味噌汁や炒め物など、毎日使える絶品酒粕レシピ73品紹介されてます〜。



麹本 KOJI for LIFE

なかじさんの最新本。
英語でも書いてあるので、シェアして読めていいですね。

甘酒、乳酸発酵甘酒、菩提もとのどぶろく、麹パウダーのつくり方、稲麹からの麹つくり、種継ぎの方法が紹介されているみたい。まだ読んでないので、気になる。



発酵道 酒蔵の微生物が教えてくれた人間の生き方

発酵道は、23代目当主さんの本。
こちらはこれから読んでみたい。



創業三四〇年 自然酒蔵元 寺田本家 麹(こうじ)・甘酒・酒粕の発酵ごはん

食事が変われば意識が変わる。体の中からぷくぷく発酵する寺田本家のレシピ。
2013年の本なので、元祖発酵レシピが載ってるかも。



寺田本家へのアクセス

千葉県の神崎町、利根川のすぐ近くにあります。
東京の上野から、高速に乗って1時間ちょっと。

神崎ICから車で6分ほどの距離なので、高速道路だとアクセス良いです。


オンラインではうふふのモトや発酵調味料、麹、酒粕、お酒など買えますよ〜♡

website https://www.teradahonke.co.jp/


寺田本家の発酵品、加計呂麻のある宿のキッチンで玄米塩麹を見つけたし、霧島のお友達のキッチンには酒粕チーズがあった。
日本中に寺田本家の発酵菌がいるみたいです✬


P E A C E  P E A C E   ☀︎  S U N


  • この記事を書いた人
  • 最新記事

S U N ☽

Hi everyone!気ままに✬スローライフしているSUNです。 今年のテーマは、グラウンディング。 夢は暖かい島で野菜とハーブに囲まれて暮らすこと〜☽ エシカルな暮らし方、グルテンフリーレシピ、暮らしながら旅のこと、シンプルに生きるためのORGANICな情報をシェアしたいブログ✬

-CAFE, エシカルな暮らし方, 千葉, , 日本
-, , ,

© 2022 KUOKOA LIFE