BOOKS エシカルのお勉強

【BOOKS】エシカルって?持続可能な暮らしを考える環境問題系の本6選

2020-10-31

アロハ〜
クオコアライフ@KuokoaLifeのSUNです☀︎


環境問題のこと気になっているけど、どの本読めば良いのー?!って思ってる人にオススメ記事です♪

私がここ数年で読んだ本を紹介します!
著者のみなさん自分の仕事や生活の中から気づいていった環境問題のことを話してくれてるので、とても読みやすい。

実際に、明日から暮らしに落とし込める情報もたくさんあるのでエシカル暮らしを始める入門書としても役に立ちます。


いろんな生活からの視線があって面白い!
読みやすくてオススメの本6つピックアップしました( ◠‿◠ )


はじめてのエシカル / 末吉 里花

紹介する本の中で1番読みやすいかなあ?と思います!

エシカルってどう言う意味?ってところから教えてもらえます( ◠‿◠ )



著者の方は「世界ふしぎ発見! 」のミステリーハンターをしている方で地球上で起きている現実を目の当たりにしてから環境問題にフォーカスして行ったみたいです。

環境問題はとても身近な生活とつながっている事や、毎日の生活で始められるエシカル消費の実践などが書いてあります。


エコライフをはじめよう!って方にぴったりな本。



「エコ罪人」の告白 / フレッド・ピアス

ジャーナリストの著者が普段の生活で自分が使っている物や食べている物はどこから来ているのか、見えていない陰の世界を探し当てるために始まった、旅。

コーヒー、アクセサリーの金属、エビなどごく身近にある物だけど実際どこから来ているのか?誰が作っているのか?その人たちはどんな生活をしているのか?


先進諸国の平均的な家庭の暮らしを古代ローマ時代に再現しようとしたら6000人以上の奴隷が必要になるという。

「エコ罪人」の告白 / フレッド・ピアス


私たちが物を簡単に手に入れられる暮らしの裏側には、世界中で苦しい生活をしている人たちの人生がありました。
いつでも500円ほどで新しいTシャツが買える私たちの生活は、もっと「買う」について考えないといけないなあと思います。


先進国でなんでも手に入ることは幸せではないのかもしれないと、考えさせられます。

この本を読んで、物を買うときにフェアトレードやフードマイルを意識するようになりました( ◠‿◠ )
地産地消は、身体や健康のためだけじゃなくて環境を含む全てに優しいことなんだってわかった。


地元で取れた食べ物や、日本製の物を選ぶこともエコだったんだ♪



グレタたった1人のストライキ / マレーナ・エルンマン,グレタ・トゥーンベリ

スウェーデンのある女の子がスウェーデン国会議事堂前でたった1人ではじめた「気候のための学校ストライキFridays for future

今ではかなりの有名人のグレタ・トゥーンベリちゃん。
グレタちゃんの存在は知っていたけれど、彼女がなんでストライキを始めたかまでは知らなかった。

この本はたった1人の女の子が世界中の人々を動かすまでの彼女と家族が綴ったストーリー。


お母さんがメインで書いている感じです。波乱万丈でシリアスなんだけど、グレタちゃんがだんだんと元気になっていくのが伝わってきて、一気に読んでしまいました。


この表紙の写真の表情がとても印象的だった。
怒っているような、悲しんでいるような、怖がっているような。

グレタちゃんのインスタをフォローしていて、この頃と比べて表情がどんどん柔らかくなっていくのが嬉しい。(何様?笑)



プラスチックフリー生活 / シャンタル・プラモンドン,ジェイ・シンハ

子供が生まれたことをきっかけにプラスチックの体への影響の知識を深めていった夫婦の本。「Life Without Plastic」というプラスチックを一切使っていないオンラインストアを経営しています。


プラスチックフリーと言う言葉が使われる様になったけれど、そもそもプラスチックの何が悪いの?地球と人体にはどういう影響があるの?と言う疑問を実践編とともに細かく説明してくれている本。



聞いたこともないようなカタカナが沢山出てきます笑
全て覚えられないので、その都度本を開いて調べるような辞書の役割もできそうな本。


生活にすぐに取り込めるような実践方法が沢山書いてあるので家庭のバイブルになりそう。
全部を一気に変えるのは難しいけれど、プラスチックの影響を知った上でこれからのお買い物や生活に役立ちます♪



プラスチックスープの海 / チャールズ・モア, カッサンドラ・フィリップス

海洋環境調査研究者の船長さんが航海中に見つけたプラスチックまみれの海。

私たちが使い捨てのプラスチックを何気なく使って捨てていることで、海に住んでいる生き物たちが苦しんでいた、、、


それは私たちの生活にも食物連鎖として続いている。東京湾でとれるカタクチイワシの8割から、世界の食塩の9割からプラスチックが見つかっているそう。

環境問題はもはや全ての問題なんだーーー!何をすれば良いんだーーー!!!
うおーーーーーーーーー!と頭をかきむしりました笑


海洋汚染について深く書かれている本です。



ゼロウェイスト・ホーム / ベア・ジョンソン

アメリカでの物がありふれた裕福な生活に疑問をもち、シンプルライフへと移行していったアメリカ在住のフランス人主婦さんの本。

ゴミを出さない生活を始めてからの知恵や経験を失敗談と共に書いてくれています。家族を巻き込んで、始めるゼロウェイストプロジェクトは中々苦労しますよね。

そして、ゴミを出さないを追求していくと、なんでも自分で作るように心がけるけれど、全ては難しい。

買うところは買う、作るところは作る!バランスが重要!


やりすぎはよくない!
ってことを教えてもらえます。笑

私もついつい必須になっちゃうタイプだから、みんなどこかでバランスとってるんだなー、それで良いんだーって思えました( ◠‿◠ )

彼女が掲げている5Rはシンプルに生きる知恵!

  • Refuse(断る)
  • Reduce(減らす)
  • Reuse(繰り返し使う)
  • Recycle(リサイクルする)
  • Rot(堆肥化)


実践できることがたくさん書いてあるので、生活に役立つ本です☆



最後に

環境問題って勉強するほど、現実とできることのギャップがあって苦しくなったりもしますよね。

けれど、みんな生活が違うし比べても仕方ないなーって思える様になりました( ◠‿◠ )

自分ができるな!とか良いな!って思えることを生活に取り込んでいます♡それぞれができることをやって、シェアしていけたらいいですね〜!

ちなみに、この中には図書館で借りた本もあります♪
買おうと思っていた本が意外とたくさんあって、買わずにすみました( ̄▽ ̄)

図書館が大好きになった!笑
ぜひ地元の図書館に行ってみてくださいー!


P E A C E  ☀︎  S U N



  • この記事を書いた人
  • 最新記事

S U N ☽

月と太陽と宇宙に身を任せてます〜☺ 気ままに✬のんびり✬スローライフ。今年のテーマは、月のリズムで。 夢は暖かい島で野菜とハーブに囲まれて暮らすこと〜☽

-BOOKS, エシカルのお勉強
-, , ,

© 2021 KUOKOA LIFE