沖縄

「恋の島」古宇利島へのあの道、「アダムとイブ」と呼ばれるあのハートロック。のんびりドライブしてきた。

ALOHA ☽☽☽
人間1年目だと気づいた、クオコアライフ@KuokoaLifeのSUNです☀︎

古宇利島いつか行ってみたいな〜と思ってた場所のひとつ。
今回の家族で2泊3日の沖縄本島の旅でチャンスが来ました〜。

母のおすすめで行ったことがなかった、古宇利島ドライブと美ら海水族館メインの旅となりました。


1日目午後は、那覇からずーっと移動して古宇利島をドライブ。


ランチは那覇で友人オススメの《YONA Salute ヨナソルウテ》で美味しいイタリアンに大満足♡
3日目も行ってしまった。

高台から那覇を見渡しながらランチ♡気軽に本格イタリアンが食べれられる《YONA Salute ヨナソルウテ》

続きを見る


古宇利島へつながるあの道、古宇利大橋

那覇から高速に乗って約1時間半ロングドライブ。
ようやく見えてきた〜♡

古宇利島までの古宇利大橋は、全長約2キロ。


橋が出てきてオー!ってなったのはわりと一瞬。笑
想像しているあの画です。

島と道が繋がってるのを感じられるのは橋に入る前の坂から降りてくるところかも。
そこを何度も通りたい。


橋を渡る手前にパーキングエリアがあるので、そこに車をとめて橋を歩いてみた。


車で走っているよりも、歩いて渡るのがオススメ。
周りをお散歩する時間も、予定に組み込むといいかも。


日が暮れる前の低い光に照らされた古宇利島、綺麗だったな。
↓古宇利島側から見える橋。


いつも月を探してしまう。
この日も美しや。


アダムとイブのハートロックへ

古宇利大橋から約5分で噂のハートロックがあるにティーヌ浜へ。

島には「アダムとイブ」のような言い伝えが残っていて、「こうりじま」の語源が「恋島(くいじま)」からきているらしい。

古宇利島は古くから「恋の島」「神の島」と言われているそう。
沖縄とか離島ってなんか特別な感じがするから、納得しちゃう。


2つのハートの岩が並ぶなんてロマンチックでいい。
人生はファンタジーでなきゃね♡


走っていると看板が出てくるので、そこを入るとすぐ駐車場エリアが出てきます。
無料駐車場もあったのかもしれませんが、1番近くの無人駐車場に止めて、箱に100円入れてきました。


駐車場から3分くらい下っていくとティーヌ浜が見えてきます。
道は整備されていて綺麗です。

でも、これが逆に滑りやすい。
綺麗なコンクリートの上に砂が乗って靴やビーサンだとズルっと。

みんな滑っていた。


tevaでも滑ります。
ニューバランスでも滑ります。
ハワイアナスでも滑ります。

わたしも滑って危なかったので、裸足で横歩きになりました。
お気をつけてね。


ティーヌ浜は古宇利島の北側でちょっと風があって波がありました。
大橋の方はわりとフラットだったのに。

残念ながら特別なエネルギーは感じなかったけれど。
ちょこんと2つ並ぶハートロックは可愛かった。


ふうーっと深呼吸して、体の中の空気を入れてかえてスッキリ。
気持ちの良い場所でした。

何かが人を呼び寄せているのかな〜。


満潮干潮を調べて行かなかったけど、ちょうど満潮でラッキー。

ハートロックの左の方に太陽が沈みます。

古宇利島は思っていた以上にミニマムで10分くらいで1周できちゃう。

緑に溢れていてサトウキビ畑があったり昔ながらの風景を見ながら、ゆっくり1周するのは贅沢な時間でした。

1度は訪れたい絶景です♡


古宇利島、良さそうなカフェがいくつかありました。
時間が中途半端だったのでカフェは諦めて、夜ごはんをメインにすることに。


この後は明日の美ら海水族館の近くのホテルにチェックイン。
本部町で海鮮夜ごはん。

本部町で夜ごはん。海の幸とアセロラビールをいただいて沖縄っぽく♡《海人料理 海邦丸》

続きを見る

 

飲食店とセレクトショップが並ぶモール、ハナサキマルシェ。
センスの良いお土産が買えます。

本部町《オキナワ ハナサキマルシェ》で見つけたエシカルなセレクトショップ3つ

続きを見る


ハートロック、ありがとう〜。


P E A C E  P E A C E   ☀︎  S U N

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

S U N ☽

Hi everyone!気ままに✬スローライフしているSUNです。 今年のテーマは、グラウンディング。 夢は暖かい島で野菜とハーブに囲まれて暮らすこと〜☽ エシカルな暮らし方、グルテンフリーレシピ、暮らしながら旅のこと、シンプルに生きるためのORGANICな情報をシェアしたいブログ✬

-, 沖縄
-,

© 2022 KUOKOA LIFE