YOGA

【YOGA】何を読めばいい?アシュタンガヨガを勉強するのにオススメの本6選

2020-05-19

アロハ〜✲✲✲
クオコアライフ@KuokoaLifeのSUNです☀︎


私がアシュタンガヨガを勉強してきた本たちです(^O^)/



紹介する本は哲学、アーサナ、アナトミーまで揃っています。実際にリトリートで教科書として使った本もあります。



アシュタンガの強さと優しさを学べます。

この記事を書いていて、読み返したくなりました♪



ヨガから始まる ケン・ハラクマ

ヨガをしている人なら誰でも知っているであろう、ケン・ハラクマ先生。

1度だけ、ヨガのワークショップで教えて頂きました。


この本はケン先生のヨガとの出会いから、日々実践していることが書いてあります。


中はこんな感じ。写真はなし。


ヨガを始める人にはマインド的な部分を知るのにもオススメです。
1人のヨギーの生き方を知れるのは面白いです。



The Spirit of Ashtanga Yoga ケン・ハラクマ

こちらもケン先生の本。

アシュタンガヨガとは」を優しく、わかりやすく書いてあります。


否定しない、闘わない」
「毎日つまづきながらでも、ありのままの自分を表現して生きる」

優しい言葉に救われる。


中身。


オススメレシピやケン先生の昔の写真も載っています。

ヨガを始めるきっかけはなんでもいいのです(^O^)/





ヨガ・マーラ シュリ・K・パタビジョイス

ヨガの聖地、南インドのマイソールで有名なパタビ・ジョイス先生が書いた本。

私のヨガリトリートの先生のグルジでもある。


数ヶ月前に初めてマイソールに行って、パタビ・ジョイス先生のお家を見てきた。

見てきただけかーい( ̄▽ ̄)

はい。飛び入りで参加できたらと思っていたんだけど、ちょうど相方と2人3週間ぐらいの長〜い風邪を引いて大人しくしていました。


アシュタンガという言葉は「8本の枝」を意味していて、アシュタンガヨガで守るべき8つの規則の「ヤマ」「二ヤマ」などがわかりやすく書いてあります。


中は写真と説明。


アーサナの説明があるページにはパタビさんと孫、シャラートのアーサナ写真が載っています。



インテグラル・ヨーガ スワミ・サッチダーナンダ

パタンジャリのヨーガスートラ。

ヨーガスートラとは、経典と言われる本。
経典の意味をよくわかっていないのですが...( ̄▽ ̄)


ヨガ哲学の教科書!
みたいな感じに捉えています。


大好きな本。

多分1番最初に買ったヨガの本かもしれない。
ヨガは本来哲学だということを知って興味が湧いたのがきっかけ。


私って本当におバカだから、読むのは結構大変だった( ̄▽ ̄)

読んでても意味がわからなすぎて、何度も何度も同じところを読み返して、1年ぐらいかけてようやく読み終えた。


なので、書き込みもあってボロッボロ笑
カバーも取れてしまった。


中はこんな感じ。


まだ読んでいない人がいたら特にオススメです!

新しい気づきがあります(^O^)/





アシュタンガ・ヨーガ実践と探求 グレゴール・メーレ

1つ1つのアーサナを丁寧に説明してくれている本。

解剖学的視点からの説明もあって、どんな筋肉に影響があるのかとか、このポーズをすることでどの筋肉に注意するべきかなど怪我をしないようにするポイントも書いてある。


中身はこんな感じです。

写真もあって、構成も見やすい。


体全体をバランスよく使っていくアシュタンガって本当に凄いなと思う。


よく考えたよな笑(何様)



アシュタンガヨーガ アーサナ&ヴィンヤーサ マシュー・スウィーニー

アーサナとヴィンヤーサの流れを写真でわかりやすく説明してくれている本。

どのアーサナで吐くのか、吸うのか、どこで5呼吸するのかまで細かく書いてあります(^O^)/


次のアーサナなんだっけ?と忘れた時はこの本を見たらすぐにわかる。


こーんな感じで、流れがわかりやすい。


プライマリーシリーズからフォースシリーズまで載っています。

私はプライマリーもできていないのでセカンドすら、未知の世界ですが笑



図解YOGAアナトミーシリーズ

全ページカラーの本で使っている筋肉がどこかわかるからすごくわかりやすい!!!

手放してしまって今は手元にないんですが( ̄▽ ̄)

ヨガインストラクターをこれからやる人や、やっている人にはアジャストの勉強にとても良いかなと思います。


シリーズがたくさんあります♪






最後に


初めて、ケン先生のワークショップに行った時に衝撃を受けました。

私はどちらかというと、アーサナよりも哲学的な考えからヨガが好きになっていったタイプ。


当時ヨガをする人は、食べ物もベジタリアンで、生活の基準は全部ヨガでギチギチに生きている人のものだと思っていました。

なので、さらにアシュタンガヨガの第一人者なんてどんな人だろうとちょっと怖かった。


私の勝手な固定概念で、勘違いしていたけれど、ヨガって自由でした。
そしてケン先生はとっても優しい方でした。

1日かけてやったワークショップで、座学のお勉強の時。


鼻が詰まってたら口で呼吸すればいい

家族を巻き込んでベジタリアンなんてできないんだから、巻き込む必要はない

ヨガをやっている人が変なんだから、周りに強要してはいけない


あーでなきゃ、こーでなきゃと勝手に勘違いしたルールに縛られていたことから解放された。


柔軟でいいんだな。と思えた。

自分のヨガと生き方をしていけばいいのだ。
と教わった気がします。


ヨガは自由です(^O^)/


P E A C E ☀︎ S U N




  • この記事を書いた人
  • 最新記事

S U N ☽

月と太陽と宇宙に身を任せてます〜☺ 気ままに✬のんびり✬スローライフ。今年のテーマは、月のリズムで。 夢は暖かい島で野菜とハーブに囲まれて暮らすこと〜☽

-YOGA
-, ,

© 2021 KUOKOA LIFE